Stay home, Be creative.

【SketchUpの使い方を端的に解説!】プッシュ/プル

皆さんこんにちは。建築ソフト解説員のUMAです。

今回は、使えると

今回解説する操作

今回解説するのは、3Dモデリングの醍醐味の1つである、プッシュ/プルです。

3Dというのは、平面に対しZ軸、高さを与えることで構築されます。

このコマンドは、平面に対しZ軸、高さを与える役割をなすので、立体にしたい時に使います。

操作方法

 

では、まず長方形を作りましょう。(長方形の作り方はこちら
今回は、『10*10』の長方形にします。

 

そしたら、メニューバーの『ツール』→『プッシュ/プル』、『+=』、『P』のどれかで、『プッシュ/プル』コマンドを呼びましょう。

 

そしたら、長方形をクリックしましょう。
すると、以下のようにカーソルとサーフェスが同時に動くようになります。

 

今回は、『10』と入力して、一辺が『10』の立方体を作りましょう。

 

これで、今回の解説は終了です。

今回の『プッシュ/プル』を使うことで、モデルはよりリアルになっていきます。
ぜひ、どんどん使って複雑なモデルを作っていきましょう。

もしも、今回の解説で理解できなかった場合は、YouTube上で作業画面を公開しているので、みてみてください。

 

解説動画(データサイズ:約MB)*後日投稿予定

コメントを残す