Stay home, Be creative.

【SketchUpの使い方を端的に解説!】グループ化・コンポーネント化

皆さんこんにちは。建築ソフト解説員のUMAです。

今回は、使い分けられるようになると、モデリングスピードがグンと上がるグループ化とコンポーネント化』について、解説していきたいと思います。

今回解説する操作

今回解説する操作は、『グループ化・コンポーネント化』です。

グループ化・コンポーネント化には、以下のような違いがあります。

グループ化

選択したオブジェクトを1グループにする。

それぞれが独立したグループとなり、個別に変更可能

コンポーネント化

選択したオブジェクトを1つのコンポーネントにする。

それぞれがリンクしたグループとなり、一つのコンポーネントを変更すると、他のコンポーネントにも反映される。

 

最後に、この『グループ化・コンポーネント化』されたモデルを、『分解』する方法も解説しています。

操作方法

いつも通り、立方体から始めます。(立方体の作成方法がわからない人はこちら

 

そしたら、ここから『グループ化』と『コンポーネント化』に分けて解説していきます。

 

グループ化

まずは、『グループ化』について解説していきます。

最初に立方体をグループ化します。
立方体を選択し、『⌘+G』を押します。
すると、以下のような表示に変わるとおもいます。

 

そしたら、このグループを複製しましょう。(複製の仕方はこちら
今回は、4つ複製します。

 

この状態で、一番手前の立方体をクリックします。
すると、他の立方体が薄くフェードアウトすると思います。
この状態では、グループ内の編集となるので、新しく書き足したもの全てが、グループ内に保存されます。

 

では、試しに立方体を半分にしてみましょう。

このように変更しても、変更したモデルのグループ内のみが変更が適用されるのが、グループ化の利点です。
グループ化は、似たものを並べて、それぞれ後から編集する時に使用すると、非常に便利です。

 

コンポーネント化

次に、『コンポーネント化』について解説していきます。

最初に立方体をコンポーネント化します。
立方体を選択し、右クリックをして、『コンポーネントを作成』をクリックします。

すると、以下のような表示に変わるとおもいます。
今回は、定義を『立方体』として、『作成』を押します。

 

そしたら、このコンポーネントを複製しましょう。(複製の仕方はこちら
今回は、4つ複製します。

 

この状態で、一番手前の立方体をクリックします。
すると、他の立方体が薄くフェードアウトすると思います。
この状態では、コンポーネントの編集となるので、新しく書き足したもの全てが、コンポーネントに保存されます。

 

では、試しに立方体を半分にしてみましょう。

 

このようにコンポーネントを編集すると、他のモデルにも変更が適用されるのが、コンポーネント化の利点です。
コンポーネント化は、階段など、全て同じ作りをしたものを使用する時に、作成すると非常に便利です。

 

分解

最後に分解について、解説していきます。

以下のように『グループ化』または『コンポーネント化』された立方体があります。
このモデルを右クリックしてください。
すると、タブが開かれるので、『分解』をクリックします。

 

すると、立方体が分解されます。

 

 

以上で、『グループ化とコンポーネント化』とその『分解』方法についての解説は終了です。

もしも、理解できなかった場合は、YouTube上で作業画面を公開しているので、みてみてください。

 

解説動画(データサイズ:約MB)*後日投稿予定

コメントを残す