Stay home, Be creative.

【SketchUpの使い方を端的に解説!】選択

皆さんこんにちは。建築ソフト解説員のUMAです。

今回は、使えなきゃ、やっていけない『選択』について解説していきます。

今回解説する操作

選択は、CADでもBIMでも、なんなら表計算ソフトでも、使用してきたことでしょう。

しかし、建築系のソフトでは、今までの選択の方法とは違う方式がとられています。
例えば、ドラッグしたまま選択する方法では、右に移動するのと、左に移動するので違う選択方法になります。

なので、しっかり『選択』をマスターすることで、今後のモデリング生活を快適にしていきましょう。

操作方法

いつも通り、立方体から始めます。(立方体の作成方法がわからない人はこちら

 

そしたら、メニューバーの『ツール』→『選択』とたどるか、『スペースキー』を押しましょう。

 

そしたら、新しく図面を作成したときの『矢印型のカーソル』に変化したと思います。
この状態になると、クリックで選択ができるようになります。

今回は、画面左下の面を選択してみましょう。
以下のように、面が青くなって、たくさんの点が表示されれば、選択できています。

 

ここからは、建築系ソフト独特の選択方法を解説します。

まずはドラッグして、に移動して選択する方法について解説します。
この選択の方法では、ドラッグによって作成された枠の中に、完全に入っているモデルのみ、選択されます。

例えば、この選択範囲で選択すると、

 

このような選択範囲になります。

 

限られた部分だけ選択したい時に、役立つ選択方法です。

 

次にドラッグして、に移動して選択する方法について解説します。
この選択の方法では、ドラッグによって作成された枠の中に、一部でも入っているモデルのみ、選択されます。

例えば、この選択範囲で選択すると、

 

このような選択範囲になります。

 

大まかに選択したい時に、役立つ選択方法です。
この操作は、どんなに遠くのモデルでも選択されるので、大きいサイズの都市モデルなどを作成しているときは、気をつけて選択してください。

 

では、ここからは以下の4つのことを追加で説明していきます。

  • 選択範囲の追加
  • 選択範囲の削除
  • 全選択
  • 面と辺の同時選択

 

選択範囲の追加

『選択範囲の追加』から、解説していきます。

まずは、先ほどの方法で左下の面を選択しましょう。
そしたら、『shift』または『option』を押してください。
すると、カーソルの右上に『+-』もしくは『+』が表示されます。

 

この状態で、右下の面をクリックしてみましょう。
そしたら、選択範囲が追加されると思います。

 

このようにすることで、選択範囲を追加できるようになるので、まとめて変更したりできるようになります。

 

選択範囲の削除

次に、『選択範囲の削除』から、解説していきます。

まずは、先ほどの方法で左下の面を選択しましょう。
そしたら、『shift』または『shift+option』を押してください。
すると、カーソルの右上に『+-』もしくは『+』が表示されます。

 

この状態で、右下の面をクリックしてみましょう。
そしたら、選択範囲が削除されると思います。

 

このようにすることで、選択範囲を削除できるようになるので、変更したい場所のみ綺麗に選択できるようになります。

 

全選択

次に、『全選択』を、解説していきます。

そしたら、『+A』を押してください。
以下のように、モデル全てが選択されたと思います。

 

このようにすることで、全選択できるようになるので、一括で変更したりできるようになります。

 

面と辺の同時選択

最後に、『面と辺の同時選択』を解説していきます。

先ほどのカーソルにした状態で、左下の面を『ダブルクリック』してください。
すると、面とその面をなす辺が選択されたと思います。

 

このようにすることで、面とその辺を一括で選択できるようになるので、変更したりする時に楽になります。

 

今回の解説は以上で終わりです。

もしも、理解できなかった場合は、YouTube上で作業画面を公開しているので、みてみてください。

 

解説動画(データサイズ:約MB)*後日投稿予定

コメントを残す