Stay home, Be creative.

【AutoCAD for Macの使い方を端的に解説!】ハッチング

  •  

今回解説する操作

 

今回解説する操作は、『ハッチング』です。

ハッチングとは、ある面を平行線で埋めることが原義らしいですが、建築においてはその面の仕上げや質感を表すことに使います。

 

『ハッチング』はどういう時に使うと良いのか

 

先ほども述べましたが、仕上げや質感を表現します。

 

例えば、リビングは南北方向にフローリングを敷くが、キッチンは東西方向に引く時などその向きを示すのに適しています。

また、S造なのかRC造なのかでもハッチングの表現は変わってきます。

 

 

Autodesk(オートデスク)

操作方法

 

まずは、リビングをはハッチングします。

『ハッチング』コマンドの呼び出し方は以下の2通りです。

  1. リボン内の『ハッチング』→一番左の『ハッチング…』
  2. 『hat』と入力して、returnキーを押す。

 

コマンドを呼び起こすと、『内側の点をクリック または』と聞いてくるのでリビングをクリックしましょう。

 

 

すると、色が塗られたと思います。

今回はリビングのハッチングを東西方向に『DASH』にします。

 

次にダイニングは南北方向に『DASH』でハッチングしたいので、同じ手順でハッチングして角度を『90』に設定します。

 

以上の方法で他の部屋もハッチングして以下のような図面を作り上げましょう。

  • キッチン、南北方向、DOLMIT
  • バスルーム、南北方向、LINE
  • 寝室、東西方向、JIS_WOOD
  • ベランダ、南北方向、BRICK

 

以上で今回の解説は終わりです。

 

リンク集はこちら

 

Autodesk(オートデスク)

解説動画(データサイズ:約MB)*後日投稿予定

コメントを残す