Stay home, Be creative.

【AutoCAD for Macの使い方を端的に解説!】新規図面の作成

 

今回解説する操作

 

今回解説する操作は、『新規図面の作成』です。

 

AutoCAD for Macを起動した時に、たくさんのテンプレートが用意されています。

 

たくさんあるので、何を使えばわからないという人にもわかりやすく解説します。

 

『新規図面の作成』はどういう時に使うと良いのか

 

言うまでもなく、新しい図面を引く時に使います。

 

Autodesk(オートデスク)

操作方法

 

まずは、テンプレートについて解説していきます。

 

起動して、新規作成を選ぶとたくさんのテンプレートとスタイルシートが表示されます。

 

表示されるテンプレートは以下のもの(拡張子略)です。

  • acad-Named Plot Styles:使用単位はフィートとインチ2D図面
  • acad-Named Plot Styles 3D:使用単位はフィートとインチ3D図面
  • acad:使用単位はフィートとインチ2D図面
  • acad 3D:使用単位はフィートとインチ3D図面
  • acadISO-Named Plot Styles:使用単位はメートル2D図面
  • acadISO-Named Plot Styles 3D:使用単位はメートル3D図面
  • acadiso:使用単位はメートル2D図面
  • acadiso3D:使用単位はメートル3D図面
  • Tutorial-iArch:使用単位はフィートとインチで、建築設計用の一般的な設定を使用する図面
  • Tutorial-iMfg:使用単位はフィートとインチで、機械設計用の一般的な設定を使用する図面
  • Tutorial-mArch:使用単位はメートルで、建築設計用の一般的な設定を使用する図面
  • Tutorial-mMfg:使用単位はメートルで、機械設計用の一般的な設定を使用する図面

 

表示されるスタイルシートは以下のもの(拡張子略)です。

  • Architectural Imperial:使用単位はフィートとインチで、建築設計用の一般的な設定を使用する図面
  • Architectural Metric:使用単位はメートルで、建築設計用の一般的な設定を使用する図面
  • Civil Imperial:使用単位はフィートとインチで、土木設計用の一般的な設定を使用する図面
  • Civil Metric:使用単位はメートルで、土木設計用の一般的な設定を使用する図面
  • Manufacturing Imperial:使用単位はフィートとインチで、機械設計用の一般的な設定を使用する図面
  • Manufacturing Metric:使用単位はメートルで、機械設計用の一般的な設定を使用する図面

 

このことを頭に入れて、図面を新規作成していきましょう。

 

 

まずAutoCAD for Macを起動します。

 

すると以下のような画面が表示されるので、『新規作成』を選びます。

 

上に示したようなテンプレートファイルなどが表示されるので、自分の作りたい図面にあったテンプレートを選びます。

以上です。

 

自分で作成したファイルをテンプレートにしたいときは…

 

自分で作成したファイルを開きます。

ファイル→名前をつけて保存をクリックします。

 

ファイル形式を『AutoCAD図面テンプレート』にします。

 

ファイル名と保存場所は、自分のわかりやすい名前と場所にしましょう。

保存を押して、図面の説明を入力して終わりです。

 

 

おつかれさまでした。

図面を新規作成できるようになりましたか?

今後もよく使う操作なので、覚えちゃいましょう。

 

 

リンク集はこちら

 

 

Autodesk(オートデスク)

解説動画(データサイズ:約15MB)

コメントを残す