Stay home, Be creative.

【SketchUpの使い方を端的に解説!】レイヤー

皆さんこんにちは、建築ソフト解説員のUMAです。

今回は、使えるようになると、修正が楽になる『レイヤー』について解説をしていきます。

今回解説する機能

今回解説する機能は、『レイヤー』です。

この機能は、一度作成したモデルを後から修正するときに、簡単になる機能です。

レイヤーごとに、非表示/表示を切り替えることができたり、マテリアルの割当も変えられたりするので、しっかり理解をしてレイヤー分けをすることで、徹夜の回数が減るかもしれません。

操作方法

まずは、メニューバーから、『』→『レイヤー』をクリックします。

すると、以下のようなウィンドウが表示されます。

このウィンドウでは、『新規レイヤー作成』『非表示/表示』『色』などを設定できます。

ここからは、作成したモデルをレイヤーごとに分ける方法を紹介します。

 

以上で、解説は終わりです。もしも、うまく理解できなかった人は、以下のリンクから動画を見てみてください。

解説動画(データサイズ:約MB)*後日投稿予定

コメントを残す