Stay home, Be creative.

ArchiCADとは

 

 1.概要

Graphisoft社が開発したBIMソフトウェアである。

BIMソフトウェアとしては、Autodesk社のRevitとともに高いシェアを誇っている。

Revitに比べて、有機的な建築に対応しているので曲線を多く用いる建築家にはオススメです。

CADの基本操作が習得できていれば、直感的な操作ができる。

また、共同設計にも対応しているため、建築事務所でも活用しやすい。

対応ファイルが多いので、様々なソフトとの互換性が他の建築ソフトと比べ、高いので扱いやすい。

超高性能3dモデリングソフトRhinocerosとも連携が取りやすいので、Rhinocerosユーザーにはオススメである。

 2.できること

  • BIM
  • 共同設計
  • レンダリング
  • 施工管理

 3.対応OS

macOS バージョン10.12(Sierra)以降

64-bit Windows 10

 4.動作環境

ARCHICAD 22 動作環境

 

Windows

Mac

OS

推奨環境

Windows® 10(64-bit)

注:32-bit OSはサポートされていません。

推奨環境

macOS® 10.13 High Sierra

macOS® 10.12 Sierra

    • Windows® 8.1(64-bit) は互換性がありますが、GRAPHISOFTでテストされていません。
    • Windows® 8(64-bit) は互換性がありますが、GRAPHISOFTでテストされていません。
    • Windows® 7(64-bit) は互換性がありますが、GRAPHISOFTでテストされていません。
    • Windows® Vistaおよびそれ以前のシステムとは互換性がありません。
    • Mac OS X 10.11 El Capitanは互換性がありますが、GRAPHISOFTでテストされていません。
  • Mac OS X 10.10 Yosemiteおよびそれ以前のシステムとは互換性がありません(ARCHICADをインストールできません)。

CPU

64-bitプロセッサ必須。4コア以上必須。 64-bitプロセッサ必須。4コア以上必須。

RAM

16GB以上推奨。複雑なモデルには32 GB RAM以上推奨 16GB以上推奨。複雑なモデルには32 GB RAM以上推奨

ハードドライブ

SSD(またはFusion Drive)へのインストール推奨。インストールには約5GBの空き容量が必須。プロジェクトごとに10GBの空き容量必須

ディスプレイ

必須: 1440×900 以上を推奨

グラフィックカード

Open GL 3.2対応のグラフィックカード。複雑なモデルの操作には1024MB以上のRAMを推奨。

※ 推奨グラフィックカードの情報は下記のURLをご確認ください。
ARCHICAD 22 推奨グラフィックカード

プロテクションキー

ARCHICAD 22を起動するためには、有効なARCHICAD 22ライセンスを含むCodeMeterハードウェアプロテクションキー、もしくはCodeMeterソフトウェアプロテクションキーが必要となります。

※プログラムアップデート等にインターネット接続環境が必要です。

ARCHICAD FAQ/動作環境 | グラフィソフトジャパン – BIM/建築3D CADソリューション

 5.対応ファイル形式

  • ArchiCADプロジェクト(.pln、.pla、.bpn)
  • アーカイブ(.pla)
  • バックアッププロジェクトファイル(.bpn)
  • ArchiCADチームワーク(AC12以前)ファイル形式(.plp、.plc、.pca、.bpc)
  • ArchiCADテンプレート(.tpl)
  • ArchiCAD 2Dライン(.2dl)
  • モジュールファイル(.mod)
  • PlotMakerレイアウトブック(.lbk)
  • PlotMaker図面(.pmk)
  • DWFファイル(.dwf)
  •  DXF/DWGファイル(.dxf、.dwg)
  • MicroStationデザインファイル(.dgn)
  • 全ての画像(.bmp、.dib、.rle、.jpg、.jpeg、.jpe、.jfif、.gif、.tif、.tiff、.png、.hdr)
  • emfファイル(Windows)(.emf)
  • wmfファイル(Windows)(.wmf)
  • 測量データ(.xyz)
  • 3DStudioファイル(.3ds)
  • IFC 2×3(.ifc)、IFCXML(.ifcxml)、IFCzip
  • SketchUp(.skp)
  • Google Earth(.kmz)
  • Stereolithography(.stl)

ArchiCADで開くことができるファイルタイプ | Help Center – ヘルプセンター | ARCHICAD、BIMx、BIM Server、関連製品のナレッジベース

 6.価格

22(通常版):¥840,000+tax

22(VIPService):¥120,000+tax

solo(通常版):¥345,000+tax

solo(VIPService):18,000+tax

学生版:無料

ARCHICAD 価格表 | グラフィソフトジャパン – BIM/建築3D CADソリューション

 7.まとめ

ArchiCADは

  1. BIMの2大巨頭
  2. 対応ファイルが多い
  3. 有機的な建築ができる
  4. 共同設計ができる 

ソフトウェアです。

リンク集はこちら

コメントを残す