Stay home, Be creative.

AutoCAD for Windowsとは

 1.概要

Autodesk社が販売しているCADソフトウェア!

2次元,3次元での製図が可能で、世界でも多くの企業が採用している!!!

従来の手作業での製図をソフト上で行うことにより、縮尺計算をしながら製図するのではなく、実寸で寸法を記入し印刷時に縮尺を指定すれば良いので、製図に要する時間が大幅に削減!!!

また、ユーザーに合わせたパーソナライズが可能であり、自分の使いやすいように設定すると、大幅に作業効率が上がる。

 2.できること

2次元での製図

3Dモデリング(要求されるスペックが高いのでAutoCAD以外で行うのが一般的)

 3.対応OS

  • Microsoft® Windows® 7 SP1
  • Microsoft Windows 8.1
  • Microsoft Windows 10 Anniversary Update

 4.動作環境

プロセッサ 最小: 2.5 ~ 2.9 GHz のプロセッサ

推奨: 3 GHz 以上のプロセッサ
メモリ 最小: 8 GB

推奨: 16 GB
画面解像度 従来型ディスプレイ:

True Color 対応 1920 x 1080



高解像度および 4K ディスプレイ:

Windows 10、64 ビット システムでサポートされる最大 3840 x 2160 の解像度(対応するディスプレイ カードが必要)
ディスプレイ カード 最小: 帯域幅 29 GB/秒の 1 GB GPU (DirectX 11 互換)

推奨: 帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 11 互換)
ディスク空き容量 6.0 GB

AutoCAD 2019 including Specialized Toolsets の動作環境 | AutoCAD 2019 | Autodesk Knowledge Network

大規模なデータセット、点群、3D モデリングを扱う場合の追加要件
メモリ 8 GB 以上の RAM
ディスク空き容量 6 GB 以上のハード ディスク空き容量(インストールに必要な空き容量を除く)
ディスプレイ カード 1920 x 1080 以上の True Color 対応ビデオ ディスプレイ アダプタ、128 MB 以上の VRAM、Pixel Shader 3.0 以上、Direct3D® 対応ワークステーション クラス グラフィックス カード

 5.対応ファイル形式

対応するファイル形式をたくさん羅列していきますが、きっと使わないだろうというも

のも多いので、主要なものは赤字で示します。

.dwg

.dxf

.dwt

.3ds

.sat

.ipt

.iam

.model

.session

.exp

.dlv3

.CATPart

.CATProduct

.dgn

.iges

.igs

.ij

.x_b

.x_t

.pdf

.prt

.asm

.g

.neu

.3dm

.prt

.sldprt

.asm

.sldasm

.wmf

.ste

.stp

.step

IMPORT[読み込み] (コマンド) | AutoCAD 2019 | Autodesk Knowledge Network

 6.価格

学生版:無料

AutoCAD:¥199,800/1年

¥379,620/2年

¥539,460/3年

AutoCAD サブスクリプション | AutoCAD のサブスクライブ(購入) | オートデスク

 7.まとめ

AutoCAD for Windowsは、

1.効率よく製図できる

2.対応ファイルが多い

3.世界中で使われている

ソフト!!!

リンク集はこちら

コメントを残す