Stay home, Be creative.

【SketchUpの使い方を端的に解説!】インストール

皆さんこんにちは。建築ソフト解説員のUMAです。

今回は、SketchUpの『インストール』について、解説します。

今回解説する操作

今回解説するのは、ソフトを使うのには、欠かせないインストールの方法です。

操作方法

まずは、どのソフトのバージョンを使うか決定しましょう。

  • SketchUp Make
  • SketchUp Pro for Student
  • SketchUp Pro

Makeは無料版ですが、2017年以降アップデートがないので、セキュリティに少し問題があるかもしれません
また、機能に少し制限があるので、こちらから比較して決めましょう。

Pro(学生版も含む)については、毎年アップデートがあり、より使いやすいように改善されているので、おすすめです。
1年間のサブスクリプション方式なので、年額で一定料金がかかります。(詳しくはこちら

 

Trimbleアカウントの作成

では、まずはアカウントを作成しましょう。(こちらから)
以下のは画面で『Create Account』をクリックしましょう。

 

以下の様な画面が表示されると思うので、使用したいメールアドレスを入力しましょう。

 

すると、以下の様な画面に遷移します。
First name』には下の名前を、『Last Name』には上の名前を、『Password』にはパスワードを入力しましょう。

 

指定されたメールアドレスに、ユーザ認証のリンクが送られてきますので、リンクをクリックしてアカウントを有効化しましょう。

 

SketchUpの購入

そしたら、Proを購入する人は、『PLANS&PRICING』から、自分に合っているものを選びましょう。
For Personal』は個人用途、『For Professional』は商用利用、『For Higher Education』は高等教育用、『For Primary&Secondary』は小中学校用になります。(細かい用途の違いについては、こちらからご確認ください。)

 

クリックすると、以下の様に2~3種類の商品が並んでいるので、自分の使用目的に合っているものを選びましょう。
Subscribe』を押すと、Amazonの購入画面の様なものが表示されるので、必要項目を入力して決裁してください。

 

SketchUpのダウンロード

Proを購入した人は、メールにリンクが届くので、そこから以下のページに飛びましょう。
Makeを使用する人は、こちらからアクセスしてください。

 

 

のほうに行くと『日本語』がありますので、ダウンロードしたいバージョンをクリックしましょう。

 

そしたら、ダウンロードファイルがダウンロードされるので、ダブルクリックして開きましょう。

 

画面表示に従って、ダブルクリックしましょう。

 

あとは、日本語の画面が表示されるので、指示に従って作業をするだけです。
少し時間が経つと、インストールが完了します。

もしも、うまく理解できなかったという人は、以下のリンクから動画で解説していますので、見てみてください。

解説動画(データサイズ:約MB)*後日投稿予定

コメントを残す