Stay home, Be creative.

【3日間マスター】Illustratorをマスターしよう。Day2

皆さんこんにちは、建築ソフト解説員のUMAです。

今回は、「3日間でIllustratorをマスターできるようになろう」の2日目です。
この記事は、動画でも解説をしています。(動画はこちら

今回解説するのは、以下の3点です。

  1. 着色する
  2. グラデーションをかける
  3. 影をつける

 

では解説していきます。

着色

前回作成したファイルを使います。(もしもファイルをお持ちでない方はこちら

まずは、図面の断面に当たる部分を黒で塗りつぶしていきます。
塗りつぶしたい図形を選択しましょう。『Shift』を押しながら選択すると、複数選択できます。

 

次に、塗りボックスをクリックします。
スウォッチウィンドウで、黒を選択します。

 

以上で、壁を黒で塗りつぶすことができました。

 

グラデーションのかけ方

次に、図面にグラデーションをかける方法を解説します。
図面では、ガラスや金属の表現をするために、グラデーションを適用することがあります。

まずは、こちらのファイルをIllustratorで開いてください。
そしたら、アルミサッシとガラスを着色していきます。

まずは、アルミサッシを着色していきます。
アルミサッシの外形線を選択します。
そしたら、グラデーションツールを選択します。グラデーション設定は、以下のようにします。

上の設定にすることで、アルミサッシの表現ができました。
しかし、このままだとガラスの部分も着色されてしまうので、切り抜きをします。

 

着色した図形を選択します。
メニュー→オブジェクト→重ね順→最背面へ

 

次に、着色した図形と内側の図形を選択します。
メニュー→オブジェクト→複合パス→作成

 

以下の画像のように、ガラスの部分だけくり抜かれます。

 

次に、くり抜いた中をガラスにしていきます。
長方形作成ツールで、ガラスの外形線を作成します。そしたら、グラデーション設定を以下のようにします。

 

上の設定にすることで、ガラスの表現ができました。

 

影をつける

まずは、こちらのファイルをIllustratorで開いてください。

新たにレイヤーを作成します。
このレイヤーを、影を適用するレイヤーの前適用しないレイヤーの後ろに設定しましょう。
そしたら、このレイヤー以外をロックしましょう。

 

ペンツールを使用して、影の形を作成しましょう。
今回は、画面左上から右下の方向に伸びる影にします。

 

次に、プロパティウィンドウで不透明度を「35%」にします。

 

最後に、「⌘+A」または「Ctrl+A」で影の図形を全選択します。
メニュー→効果→ぼかし→ぼかし(ガウス)→半径「2pt」

 

最後に、はみ出した部分を消していきます。
先ほど作成した影の図形を複製し、重ねます。

 

複製したら、二つの図形を選択しクリッピングマスクを適用します。
クリッピングマスクは、以下の場所にあります。
メニュー→オブジェクト→クリッピングマスク→作成

 

以上の設定にすることで、立面に立体感を出すことができました。

まとめ

今回は、図面を着色することにフォーカスして、解説をしました。

最終日の明日は、素材の表現表現手法を解説していきます。