Stay home, Be creative.

V-Rayとは

  •  

 1.概要

Chaos Group社が販売しているレンダリングソフトウェアである。

レンダリングソフトの中でも、高いシェアを誇る。

世界中の有名建築家も利用しており、その性能は折り紙つきである。

また、Lumionに比べ安価なので購入しやすい。

しかし、ソフトにあったそれぞれのV-rayを購入する必要があるので、使うソフトが多くなると費用が嵩みます。

V-rayの動作環境は、対応するソフトに準じるとホームページ(SketchUp)には記されています。

しかし、体感的にはソフト本体の動作環境ではサクサク動きにくいです。

なので、少し余裕のあるスペックのPCをご利用の方は購入しても問題ありませんが、余裕のない人は効率が悪くなってしまうかもしれません。

そのような場合は、クラウドレンダリングが可能なソフトを利用するか、V-ray Cloudを利用することをお勧めします。

もしくは、PCをアップグレードしましょう。

 2.できること

  • 高性能なレンダリング
  • リアルタイムレンダリング

 3.対応OS

対応するソフトの環境に準じます。

 4.動作環境

プラグインとして作用するので、対応するソフトの環境に準じます。

しかし、GPUの性能は高いに越したことはありません。

正確に比較検証する環境はありませんが、知り合いと検証した限りでは差が生まれました。

 5.対応ファイル形式

以下のソフトに対応したバージョンがあります。

  • 3ds Max
  • MODO
  • SketchUp
  • Blender
  • Maya
  • NUKE
  • Rhinoceros
  • Standalone
  • KATANA

 6.価格

通常版:¥86,000

UD版:¥43,000

学生版:¥12.500/年

 7.まとめ

V-rayは

  1. プロに愛用されている
  2. プラグインとして機能する
  3. 素材が豊富
  4. ソフトごとに購入が必要

なソフトです。

リンク集はこちら

コメントを残す